Myねこ3 (まいねこさん)

キャットシッターまいねこの つれづれな日々 ♪。・♪

まいねこです♪
2011年6月から大阪でキャットシッターを商い中
いつの日か猫語を話せる日を夢見ています。・☆

本の はなし

夢奇譚

シッティング先近くの古本屋さんで
見つけた 1冊


IMG_2726

















映画は見たことあるのですが
原作は読んだことなくて。。。

映画とはまた違って、奥の深いお話

交通機関の待ち時間などで
夢中に読んでる 今の1冊です

人間の分際

曽野綾子さんの 「人間の分際」
今読んでいる本です

人間の分際 (幻冬舎新書)

他人の目を気にせず、比較することなく

「自分らしく 分相応に生きる 」

そのためには時には 諦めることも肝心。

歳を重ねると昨日できたことが 今日できなくなったり、
日に日に 自分の体力の衰えを感じた時に
諦めて 静かに受け入れることが大切で、

自分が生きてきた人生に対しても これでよかったのだと
叶わなかったこともすべてまるごと受け入れることが出来る
のが老年期の知恵だそうです。

私はまだまだ未熟者で曽野さんがおっしゃってるような
境地には全然ありません。

あれもほしい これもしたい!と まだまだ諦め悪く、騒いでおります。
褒められれば すぐに調子に乗って
失敗すれば 地球最後の日。。。ぐらい落ち込みます。
いつまでも 小さなことにクヨクヨしたり。。

曽野さんが本書で語っておられることを
少しでも心に留めて日々を過ごすことが出来れば
私の晩年も少しはふくよかなものになるのではないかなと。。。

また今日は仕事の帰りに 来月発売になる
村上春樹さんの「職業としての小説家」を 予約してきました。

こちらも楽しみです





 

この世の中は「神秘」に溢れている。。


私のお気に入りの作家さんはたくさんいます。
その中でも白石一文さんは 最近特に親しく読む作家さんです

男女の愛をテーマにした作品が多く
本当の愛を求めて時には大きな軋轢を生み
傷つき、さまよい、たどり着く。。

私は恋愛をテーマにしたものはどこか苦手で
サスペンスやエッセイなどを多く読んでいましたが
白石さんの作品を読むうちに。。

この世の中で一番複雑で滑稽で 面白いのは
男女の愛かもしれない。。。
そう感じるようになった私は少しは大人になったのかな

その白石一文さんの「神秘」 ただ今 熟読中です
神秘

この本の中であの有名なスティーブ・ジョブズ氏の
有名な演説の一説が書かれています

「自分自身の心と直観に従って勇気をもって行動することです。
心や直観こそが君たちの本当に望んでいることを知っているからです」

人生いつ終わるかわからない
思わぬ事故、病気で突然 強制終了されるかわかりません
私達には自分が思っているほど、時間があるようで ないのかもしれません。

自分の望んでいることはなんですか?
自分が好きなものはなんですか?
自分が一番愛したい愛されたい人は誰ですか?

早く自分の心の声を聞かないと後悔するかもね

白石一文さんの作品は他にもたくさんあります
「心に龍をちりばめて」
「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」
「私という運命について」   ほか多数。。。。

どれも女性なら(男性でも)共感する部分が多い作品だと思います。
オススメでーす 




 

愛する技術って・・・

2月は 「逃げる」とよく言いますが。。
あっという間に もう後半

大雪になったり。。寒暖差も激しい今日この頃
みなさん 猫ちゃんたちお変わりありませんか?

相変わらず忙しくさせていただいてます
おかげで最近は ブログの方が。。さぼり気味に。。
気負わずマイペースで更新していきますので
どうぞ気長にお付き合いください 

最近 読んでいる本 
「愛するということ」  エーリッヒ・フロム

愛するということ

 
愛について。。うーんよくわかりません
愛にはいろんな形があるのは わかりますがムズカシイ。。

愛するには 「愛する技術」がいるそうで
確かに 愛するより愛されたいと思う人が 多いような気もします 私も含めて。。

愛について考えてみよーかにゃ

読書するとき LUPICIAの紅茶と一緒に
フレーバードティー香りがいいので 寒い冬にはいい気分転換になりますね 

読み物。。

最近相変わらず パタパタしております
(鳥のように落ち着きなく 動き回ってます)

そんな毎日ですが。。
一日のうちで本を読む時間は 必ず作るようにしています
また この読書の時間が一番 心地よく知らないうちに ウトウト。。

最近 読んだのは 村上春樹氏
「色彩を持たない 多崎つくると彼の巡礼の年」
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

面白い題名だなぁ~と思ったのが第一印象ですが
読んでいくうちに なるほど と思います

ネタバレになるので あまり書けませんが
私 個人の感想としては

「どんなに絶望しても 必ず再生できる力が人間には備わっている」

そんなことを感じた作品でした

世界中から注目されている村上春樹氏の作品を 原文で読めるなんて
日本人でよかったなぁ としみじみ思います
 

おまえさん

知人の方から勧めてもらってから すっかり
宮部みゆきワールドに ハマっております

「おまえさん」上・下
おまえさん(上) (講談社文庫)

「ぼんくら」「日暮らし」に続くシリーズ最新作だそうですが
私は今 逆から読んでます

一冊 500ページほどあるのですが あんまりおもしろいので
上下巻 一気に読んでしましました
おかげで 目がまたイタイ  夜更かしもほどほどにしないと

特に気に入っているのは 「人のこころ」の描写がとても丁寧で 
読み進めていて
「あるある 似た経験が
なんて共感できる部分が多く 時代小説なので 
人情臭くて ほろっとしたり
とっても人間臭いところが いいですね

よかれと言ったことが 後で考えたら余計なことだったとか
悪気なく素直に答えたら 相手をひどく怒らせてしまい
無口でいたら愛想がないといわれたり



夏目漱石も
「智に働けば角が立つ、情に棹させば流される。意地を通せば
窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい」

いつの時代も人は難しい
だから おもしろい んでしょうね


猫の世は 楽しそうね
PA090661




まいねこからお知らせ
5月のゴールデンウィークのご予約受け付けております
お早目に ご予約いただけると大変助かります

5月26日~28日 お休みさせていただきます。
ご迷惑おかけしますが よろしくお願いします。

大阪の地名の由来

仕事柄 あっちこっちぶらぶら

そんな時 地名の由来を知っていれば
街歩きは もっと楽しい

「大阪地名の由来を歩く」 若一光司
大阪 地名の由来を歩く (ベスト新書)


最近は この本を持ち歩いてます

道修町・丼池・松屋町・立売掘・放出などなど・・
大阪の地名も なかなか読むのが難しく 

「どういう由来で ついたのかな」 
なんて思ったり 興味津々

また よく知っている法善寺横丁・道頓堀・中之島・・
その地名の由来を知れば もっと身近に感じます

大阪に長年住んでいますが まだまだ知らないことが
多いですね



まいねこからお知らせです

最近 お問い合わせが多く また急なご予約も多くなっております。
ご予定が決まりましたら 出来るだけ早くご連絡ください
スケジュール調整が大変助かります。
(ご予約の3日前より緊急料金がかかりますのでご注意ください)
 

2月18日~26日まで混んでおります。
5月26日~28日はお休みさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。







鬼やらい


知人の方から勧められた小説 「鬼やらい」 小松エメル
これが 読みだしたら止まらない おもしろい

鬼やらい〈上〉 (ポプラ文庫ピュアフル)


上下巻があり 上を一日で読んでしまい
下を 今読んでるのですが・・目が痛くなってしまい ちょっと休憩
なんでもほどほどに

しかーし すごく話の展開が気になるので
移動中や用事の合間など ちょこちょこ読みしてます


主人公の古物屋の主人 喜蔵は人以外の物「妖怪」が見える男で
河童・鬼や天狗なんかと平気でしゃべるし ケンカもしたりと
かなり変わった男


この喜蔵の「人間」「妖怪」も同じという姿勢に共感
ワタシの「人間」「猫」も同じ感覚

打ち合わせの時「1匹2匹」といわず 
「ひとり・ふたり」と言ってしまいます
レポートでは混乱してしまうので「1匹・2匹」と書くようにしてますが
時々「3人で遊びました」なんて書いてたり

ほとんど名前で呼ばしてもらうので 他の人が聞いたら
猫とは思わないかもしれませんね

ボーダレス化が進む まいねこです





わからないことの楽しさ


昔から 図鑑などを眺めるのが大好きで
絵を描くせいもあり 大人になってからもよく見ます

特に好きなものは
The Natural World (The Usborne Illustrated Encyclopedia)

The Natural World (The Usborne Illustrated Encyclopedia)

これは きっと外国の子供向けのようで 英語もやさしい文ばかり
とにかく イラストがキレイ 大人でも十分楽しめます

いろんな生き物が載っていて 身近な動物・昆虫も詳しい図を使い
解説していたり 中には  見たことのない生き物も 
(虫ニガテの方は ツライかも

全編英語なので 「こんなことを 言ってるのかな

なんて自分で想像したり考えたり
なんとなく わかるような わからないような・・

この「わからない」 謎がなんとなく残る感じが楽しい



わが家の謎 「チビのひらき」
PC080875

マックス・エルンスト

「惑乱 私の妹 百頭女」

この言葉をみて ピンときた人は 芸術通
シュルレアリスムの芸術家の一人
マックス エルンストのコラージュ作品 「百頭女」

百頭女 (河出文庫)


まったく関係のない絵を組み合わせた絵に
これまた謎めいた詩 
そしてあのセリフ

「惑乱 私の妹 百頭女」

この決めセリフが オチのように随所にちりばめられています。

私にとってこの本は の本
何度読んでも 謎だらけ おかげで毎回新鮮な印象
不思議な感覚になります。いい気分転換

最近はインターネットが普及してから
すぐに なんでも答えが手に入るようになりました。
そして、私たちも すぐに答えを求めます。
また、答えがわからない判断できないのもには
不安を感じ焦り いらだったり

ダンテの神曲に
「人が理詰めで行ける道には限りがある すべてをあるがままに
景色のように見るがよい。全ては不思議 全ては自然・・・
私の心を光が照らすまで 強いて分かろうとはしないこと」

謎は謎として置いておく そして謎を楽しむ
心に余裕がなければできないことですね
そして 勇気のいることです

100年以上前の巨匠からのメッセージ
秋の夜長に 謎を楽しみませんか



PA030642



猫暮らし入門 Cat’s Boxセミナー
 祝♪シリーズ化決定

10月22日(土)
猫と暮らせばシリーズ 第①弾「猫の魅力」

             &
猫の森オリジナルゲーム 「にゃんゲーム」

 日時:  2011/10/22(土)
      12:00~14:30(第1部)
      14:45~16:00(第2部) 

 内容:
      《第1部》 ¥2500 (ランチ付 先着22名)
       12:00~     受付&ランチ
       13:00~14:30  第①弾「猫の魅力」


      《第2部》 ¥1000 (ドリンク付 先着20名)
       14:30~14:45 受付
       14:45~16:00 南里さん考案 にゃんゲーム
                   皆さん自身の猫に対する考え方・気持ちが丸裸に

 場所: 猫喫茶『猫の箱』    地図&アクセス
        大阪市淀川区西中島4-6-4 トムボーイビル1F 
        06(6304)2828

 講師: 猫の森(株)代表 南里秀子さん

 
 お申し込みは こちらから
     
      えむずペットケアサービス 橋本    
     Mail:mpservice@oo.em-net.ne.jp   
     Tel :090(7356)9045
   
      または
     猫喫茶 
猫の箱 Tel :06(6304)2828


卒業!?瞬間湯沸かし器

「頭がよくなる思考術」 

長年の疑問
「頭がいい」ってどういうこと
この本を読んで まずわかったことは・・

感情に支配されない考え方ができる事が大切

常に 客観的で時には自分の考えを検証できるぐらいの
余裕のある人 それが一番難しい

頭がよくなる思考術頭がよくなる思考術
著者:白取 春彦




私の父は 瞬間湯沸かし器  特に しかない
その娘の私は ちゃんと受け継いでいて 瞬間湯沸かし器 2号機である

褒めてもらえは 天にも昇るほど喜んで
(なので 褒めて伸びる子なので みなさん褒めてくださいね)
ちょっと 怒られれば 「ぬわぁにぃ~と思う反面 すごーく ショック


そして だんだん落ち着いてくると
「あれ なんであんなに怒ってたの?」
「そんな きついこと言った?」

ひどいときには 完全に忘れてしまっていることもしばしば
ほとんどが 「小さいこと」なんですね。

ほんと 親子でこれは 周りはさぞかし迷惑  今更ながら 反省
感情に支配されるって こわいですね。

祝卒業 瞬間湯沸かし器を目指すことをここに誓います

この本 父にも送ろうかな



余談ですが・・父の会社で事務所を手伝ってた時

父はB型 ワタシAB型  専務B型 会計のおっちゃんB型 事務員さんA型

B型だらけ
案の定 みんな人の話は聞かず 超マイペースなので バラバラ

会議もまとまったことなんか ナシ
ケンカして5分で強制終了なんてこともあり
まれに 10年に一回ぐらい意見が合った時の勢いは すごい
少々のことがあっても 突き進んでいく感じなんですがね・・

いつも事務員さん(A型)が苦労してました




猫暮らし入門 Cat’s Boxセミナー
 祝♪シリーズ化決定

10月22日(土)
猫と暮らせばシリーズ 第①弾「猫の魅力」

             &
猫の森オリジナルゲーム 「にゃんゲーム」

 日時:  2011/10/22(土)
      12:00~14:30(第1部)
      14:45~16:00(第2部) 

 内容:
      《第1部》 ¥2500 (ランチ付 先着22名)
       12:00~     受付&ランチ
       13:00~14:30  第①弾「猫の魅力」


       《第2部》 ¥1000 (ドリンク付 先着20名)
       14:30~14:45 受付
       14:45~16:00 南里さん考案 にゃんゲーム
                   皆さん自身の猫に対する考え方・気持ちが丸裸に

 場所: 猫喫茶『猫の箱』    地図&アクセス
        大阪市淀川区西中島4-6-4 トムボーイビル1F 
        06(6304)2828

 講師: 猫の森(株)代表 南里秀子さん

 
 お申し込みは こちらから
     
      えむずペットケアサービス 橋本    
     Mail:mpservice@oo.em-net.ne.jp   
     Tel :090(7356)9045
   
             または
          猫喫茶 
猫の箱 Tel :06(6304)2828

気持ちの問題

23日のHappy music festa 2011の小冊子の中で
フリーライターの穴澤 賢さんによって
とても 興味深い本が紹介されていました。

実際の熊本動物愛護センターで働く職員の方々が

「殺処分は 嫌だ!」 と声を上げたことから始まり

民間の愛護団体と協力しながら なんと 
1998年に969頭から2009年には1頭にまで減少していく過程が
書かれているそうです。

殺処分ゼロ―先駆者・熊本市動物愛護センターの軌跡殺処分ゼロ―先駆者・熊本市動物愛護センターの軌跡
著者:藤崎 童士
販売元:三五館






世の中にある 問題の多くは 気持ち次第で解決できるかも

要するに 「気持ちの問題」なのかもしれませんね


P7270363




皆さまに 感謝 感謝 感謝

ブログへコメントをいただいた方 また メールのほうにも
「No 動物実験」という声を いただきました。

「商品購入時の判断にします」
「アニマルライツについてもっと 考えたい」
「動物実験なんて知らなかった。教えてもらってよかった」 などなど・・

こんなに関心を寄せてもらい 
私も 友人もみんな とても喜んでおります。

大きいことはできませんが 一人でも多くの方に関心をもって
いただけたらきっと・・

みなさんの温かい気持ち 動物達にもきっと届いています

心からありがとうございました





☆「猫と暮らせば福が来る」
             猫とのハッピーライフしませんか?

「猫の箱」イベント 10月22日開催です

セミナー内容も前回と違いますよん
猫セミナー「猫と暮らせば 福が来る」
             &
猫の森オリジナルゲーム 「にゃんゲーム」

 日時: 2011/10/22(土)
      12:00~14:30(第1部)
      14:45~16:00(第2部) 

 場所: 猫喫茶『猫の箱』
    地図&アクセス
        大阪市淀川区西中島4-6-4 トムボーイビル1F 
        06(6304)2828

 講師: 猫の森(株)代表 南里秀子さん

 
 ☆詳しい内容・お申し込みは☆
     
えむずペットケアサービス 橋本    
     Mail:mpservice@oo.em-net.ne.jp   
     Tel :090(7356)9045
   
 
       または

      猫喫茶 
猫の箱
      Tel :06(6304)2828

アランの幸福論

真っ白な表紙に 金の文字
綺麗な 表紙に惹かれてたのも 購入の1つ

P8180462



「幸福論」の中では 平穏な心の状態が大切ということで

「心配し過ぎない」
「大げさに考えない」
「あれこれ考えるのをやめる」など

う~ん つい心配になって 悪いほうに考えてしまうワタシ・・
悪いほうの想像力が 素晴らしいのは困りものです。

後になって 「こんなことで悩んでいたんだ??」なんて思うこともしばしば

他に 本の中では・・

「笑顔でいること」
「楽観主義を貫く」
「楽しむこと」

つまり 「ご機嫌元気」でいることが 倖せにつながるんですね
どうせ 考えるなら いいほう楽しいことを考えたほうがいいですね。

このアランの「幸福論」には 倖せになるちょっとしたヒントが詰まってます。



P7270363





ついに今週に迫りました

ねこ・ネコ・猫なイベント 
 8月大阪でイベント開催決定

猫セミナー「猫暮らし入門編」
             &
猫の森オリジナルゲーム 「にゃんゲーム」

 日時: 2011/ 8/21(日)
      13:00~15:15(第1部)
      15:30~16:30(第2部) 

 場所:
猫喫茶『猫の箱』    地図&アクセス
        大阪市淀川区西中島4-6-4 トムボーイビル1F 
        06(6304)2828

 
講師: 猫の森(株)代表 南里秀子さん

 内容:

      《第1部》 ¥3000 (ランチ&ドリンク付 先着20名
       13:00~13:45 ランチ
                 
(カレーライスorえびピラフから選択) 
       13:45~15:15 「猫暮らし入門編」

     《第2部》 ¥1500 (ドリンク付 先着15名)
       15:30~16:30 南里さん考案 ニャンゲーム
                 
皆さん自身の猫に対する考え方・気持ちが丸裸に

                   「私もそうそう」 盛り上がること間違いなし                              
≪お申込みはこちら≫  
      
えむずペットケアサービス 橋本    
      Mail:mpservice@oo.em-net.ne.jp   
      Tel :090(7356)9045
   
 
       または

       猫喫茶 猫の箱
       
Tel :06(6304)2828

       
1部のみ、2部のみ、両方参加、のいずれかをお知らせください。
         (1部のみ&両方参加の方はランチメニューもお知らせください)

      セミナー前後の時間を利用して、猫の箱さんの
         
猫ブースにお入りいただくこともできます。
         (別途、料金必要。30分¥300、その後10分毎に¥100)









本とワタシ・・・

わが家の本棚が 満員になってきたので
本を 売ることに

でも困るのが このより分け作業
「どの本を売って どの本を残すのか?」
本当のところ 場所があれば ぜーんぶ 残したいのが本音

「また 読みたくなったら?」
う~ん 悩むところ・・・

ある時・・本を買った時に 読んでるうちに だんだん
「あれ? なーんか内容知ってるような??」
なんと 家の本棚に 同じ本が
それだけ この本が好きなのね すごく愛着が湧くことも

本と出会うことは 新たな先生・友達と出会うような感じ
「こんな考えもあるのか」
「そうそう 私も同じ」
「へ~ 色々な世界がこの世にはあるんだ」 などなど・・
だから なかなか手放せません


最近は 曽野綾子さんがお気に入り
特に胸に染みたのは 「ほどほど」の効用からの次の文章

自己表現とは「いばる」ことではない
頭のいいことだけが力ではない。
愛嬌のあることも、陽気なことも、歌が上手いことも
ダンスのセンスが並はずれてあることも、力持ちなことも、
いざという時に落ち着いてることも、すべて力である。
中でもすばらしいと思うのは、苦しみに耐える力と
人を許す心である。

特に「人を許す心」は なかなか難しい
ぜひとも 習得したい「心」です

今回もたくさんの本とお別れ でも 新しい本ともまた出会う

P8050405


ねこ・ネコ・猫なイベント  8月大阪でイベント開催決定

猫セミナー「猫暮らし入門編」
             &
猫の森オリジナルゲーム 「にゃんゲーム」

 日時: 2011/ 8/21(日)
      13:00~15:15(第1部)
      15:30~16:30(第2部) 

 場所:
猫喫茶『猫の箱』    地図&アクセス
        大阪市淀川区西中島4-6-4 トムボーイビル1F 
        06(6304)2828

 
講師: 猫の森(株)代表 南里秀子さん

 内容:

      《第1部》 ¥3000 (ランチ&ドリンク付 先着20名
       13:00~13:45 ランチ
                 
(カレーライスorえびピラフから選択) 
       13:45~15:15 「猫暮らし入門編」

     《第2部》 ¥1500 (ドリンク付 先着15名)
       15:30~16:30 南里さん考案 ニャンゲーム
                 
皆さん自身の猫に対する考え方・気持ちが丸裸に

                   「私もそうそう」 盛り上がること間違いなし                              
≪お申込みはこちら≫  
      
えむずペットケアサービス 橋本    
      Mail:mpservice@oo.em-net.ne.jp   
      Tel :090(7356)9045
   
 
       または

       猫喫茶 猫の箱
       
Tel :06(6304)2828

       
1部のみ、2部のみ、両方参加、のいずれかをお知らせください。
         (1部のみ&両方参加の方はランチメニューもお知らせください)

      セミナー前後の時間を利用して、猫の箱さんの
         
猫ブースにお入りいただくこともできます。
         (別途、料金必要。30分¥300、その後10分毎に¥100)

神曲

ダンテの「神曲」は私の中で1・2位を争う
好きな本の一つ
主人公のダンテがローマ時代の詩人ヴィルギリウスに
連れられて 煉獄・地獄・あこがれの人が待つ天国と
冒険する物語。
また 銅版画家ギュスターヴ・ドレの挿画もリアルで
すばらしい
001

ダンテはフィレンツェを対抗勢力の陰謀によって永久に
追放される。
その放浪の生活の中で書かれたものだけに、ダンテを
苦しめた ときの政府や役人たちをこの物語の中で
八つざきにしている。
自分を一番苦しめた奴には重い刑を・・なんとも個人的
ダンテのそういう人間臭いところがワタシは好き
蛭に溢れる血の池
灼熱の窯に頭から突っ込み 逃げれば串刺し・・
永遠に体を斬られ 痛みに耐える
などなど・・残酷な地獄の世界。

いつもこの「神曲」を読むと 私も地獄・煉獄に行って
見たいと思う。もちろん 痛い目に合うのはゴメンだけど。
天国もいいけど、私の性格上きっと2・3日で
飽きると思う。
もしかして 最初から地獄行きの人間だったりして
ヤダヤダ これからちゃんとしょう、挽回できるかもよ
毎回こんなことを真剣に考える 小心者のワタシ

最後にダンテは天国で憧れのベアトリーチェに会う
そこで二人が合唱する言葉。

「何が大事か知ること 理屈を超えて見ること。
 人が理詰めで行ける道には限りがある。
 すべてをあるがままに 景色のように見るがよい
  すべては不思議 すべては自然
 私の心を光が照らすまで 
      強いて分かろうとはしないこと・・」

訳者によって内容は若干変わりますが・・
何度でも 読み返したい文章
手帳に毎年書いてしまいます










記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
キャットシッターまいねこ
まいねこの本棚
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ