先日久々に父と食事をしました

いろんな話をしていくうちに 数十年前父が経営する会社が
半年のうちに2回も放火にあい その時約5億円の負債を
抱えた時の話になりました。

父が
「いや~ あの一言がなかったら もうとっくに会社を閉めて
引退していたよ。あんたのあの言葉で勇気が湧いたね。」

その当時 何か私が父に言ったようなのですが
私本人は 全く覚えてませんでした

覚えてないぐらい大した考えもなく言った言葉でした
でも 父にとっては会社を立て直す大きなキッカケになったようです。

やっと1回目の火事から立て直し、これからという時に
また2回も放火にあってしまい、事務所以外 倉庫も設備も
全て燃えてしまいました。

その時 父はもうすでに60歳を越え 父自身その焼けた会社を見て
またお金を借りて会社を立て直す気力も失せ、
これからの従業員の方の生活を どうしたものかと思うと
暗い気持ちになっていたそうです。

そんな 気持ちで父が家に帰って来た時 父の会社の状況を聞いた私は
あっけらかんと簡単に?!こういったそうです。

「何億借金があったって また働いて稼いだらいいやん。
会社はあるんやから働いたらいいやん。」

この言葉を聞いた父は はっと!して
「そうやな! また働いたらええな!簡単なことや!」

この当時 私は大学生でした。
高校卒業したばっかりの子供でしたから 会社経営の大変さなんて
もちろん知りませんでしたし、その当時社長の父の苦しさなんて
分かりません。

ただ私は子供らしく単純な返答をしただけでした
だから 私の記憶にはなかったんだと思います

2度目の火事の後 従業員の方達の献身的な働きと父の努力によって
借金は5年で完済し、見事に立ち直りました。

それから父は80歳まで現役を続け 今ではその後を兄が継いでいます。
会社もおかげさまで順調です。


私達は窮地に立たされた時 パニックになり打つ手なしの
絶望な気持ちになります。

ここまで大きなことではなくとも 日々の悩みごとに
心が縛られ ざわざわとした気持ちで過ごすこともしばしば。。。

 
でも本当は答えは 実にシンプルなもの
ただ自分が事態を複雑にしているだけなのかもしれませんね。

複雑に考えるのも シンプルに考えるのも自分次第


ちび「ごはん、遊ぶ、ねる。。ぼくはシンプルだにゃ」
IMG_3336